はる
ある花曇りの朝だった。広子は京都の停車場から東京行の急行列車に乗った。それは結婚後二年ぶりに母親の機嫌を伺うためもあれば、母かたの祖父の金婚式へ顔をつらねるためもあった。しかしまだそのほかにもまんざら用のない体ではなかった。彼女はちょうどこ …
作品に特徴的な語句
処女しょじょ ゆき うし ぎょう 一日いちんち つらな 微笑びしょう 点頭てんとう 気質きしつ 正面しょうめん らく かがや 見透みす ひと うしろ はずか 下宿げしゅく そそ 青貝あおがい 露台ろだい 今日きょう ひら なん かよ へん 木末こずえ 看破かんぱ におい なか えが とい ぼっ 立派りっぱ よる ゆびさ 篤介あつすけ にく たくみ のち ゆか 芋畠いもばたけ 父様とうさま 物故ぶっこ 狐色きつねいろ 狡猾こうかつ 独逸ドイツ 狼狽ろうばい 猜疑さいぎ さる 玉葱たまねぎ 生憎あいにく 田舎いなか 白粉おしろい 白茶しらちゃ 監獄かんごく まぶ にら ひとみ 矛盾むじゅん 硝子ガラス 窓側まどぎわ うかが たて 竹藪たけやぶ 笑顔えがお もん ひも 緊張きんちょう すが 繃帯ほうたい ののし 美濃みの かま もら 超越ちょうえつ 足早あしばや 身分みぶん 軽率けいそつ 軽蔑けいべつ 辰子たつこ 近江おうみ 途端とたん はる 邪推じゃすい 金歯きんば 金釦きんボタン 風呂ふろ 頂戴ちょうだい ほお 額縁がくぶち もた 髣髴ほうふつ
題名が同じ作品
(新字新仮名)宮本百合子 (著)
(新字新仮名)太宰治 (著)
(新字新仮名)豊島与志雄 (著)
(新字新仮名)竹久夢二 (著)
(新字新仮名)小川未明 (著)
春:――二つの連作―― (新字新仮名)岡本かの子 (著)
(新字旧仮名)山村暮鳥 (著)
(新字旧仮名)田山録弥 田山花袋 (著)
(新字旧仮名)牧野信一 (著)
春:〔春の帽子を〕 (新字旧仮名)森川義信 (著)
春:〔風船に〕 (新字旧仮名)森川義信 (著)
(旧字旧仮名)横瀬夜雨 (著)
(旧字旧仮名)長谷川時雨 (著)