“足早”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あしばや90.9%
あしはや9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その内に大声に人を喚んだ声を聞いて、小屋から多勢の者がどやどやと出てきたので、女は手を離して足早あしばやに嶺の方へ上ってしまった。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
燕作は、野武士のぶしの仲間から、韋駄天いだてんといわれているほど足早あしばやな男。をさげて、昌仙からうけた密書をふところへ深くねじおさめ
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それを聞いて悄然せうぜんと手持無沙汰に立ち去るものもある。待ち構へたやうに持つてゐたやりつてゐた荷を棄てて、足早あしはやに逃げるものもある。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
と云ひながら私も一緒に足早あしはやに歩いてきました。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)