“白粥”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しらがゆ50.0%
しらかゆ30.0%
さがゆ10.0%
しろがゆ10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女中達にはおいしい肉のおかずをして遣って呉れと加奈子にねだりながら、自分は幾日でも白粥しらがゆを喰べ続ける。
春:――二つの連作―― (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
おまんやお民までが手ぬぐいをかぶりたすきがけで、ごく難渋なもののために白粥しらがゆをたいた。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
郷里の方もどうあろう。その懸念けねんが先に立って、過ぐる慶応三年は白粥しらかゆまでたいて村民に振る舞ったほどの凶年であったことなぞが、旅の行く先に思い出された。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
白粥しらかゆ 秋付録 米料理百種「日本料理の部」の「第二 白粥しらかゆ
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
(また失念いたしたの。光圀の誕生祝いには、かならず白粥さがゆと梅干ひとつでよいというてあるに)
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
卯平うへいめた白粥しろがゆへまだ一口ひとくちはしをつけた容子ようすがない。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)