“幼顏”の読み方と例文
新字:幼顔
読み方割合
をさながほ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それがどうして、七歳八歳の幼いものゝ口から出る言葉かと、母は呆れてしまつて、文吾の幼顏に浮ぶ不敵の面魂を見詰めてゐた。
石川五右衛門の生立 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
奪取江戸へ名乘出んとは思しが師匠感應院の口よりんも計りがたければ師匠は我十三歳の時に毒殺したり尚も幼顏さん爲に九州へ下り熊本にて年月を經り大望を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
一寸見は十七八とも見える幼顏で、舞臺へ白粉をつけて出るのが、何よりの樂しみと言つた、不思議な好みに引摺られて、ほんの食扶持だけで此の小屋にはれて居ります。