“亭座敷”の読み方と例文
読み方割合
ちんざしき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから小さな亭座敷があり、松の並木があって、私の家の玄関が見えその奥づまりに画室がある、という極く見かけは立派な光景である。
めでたき風景 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
当時公園の亭座敷に住む九里氏のへ早速相談に行った処、ここへ逃げて来てはという事になり、私は荷物一切車に積んで浅茅へとのがれました。
楢重雑筆 (新字新仮名) / 小出楢重(著)