“亭子院”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ていしいん50.0%
ていじゐん50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仁和寺の宇多上皇———亭子院が平中をお召しになって、「御前に菊を植えたいと思うので、よい菊を献上するように」
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
玄宗皇帝と楊貴妃の恋を題材にした白楽天の長恨歌を、亭子院が絵にあそばして、伊勢貫之に歌をおませになった巻き物で、そのほか日本文学でも、支那のでも
源氏物語:01 桐壺 (新字新仮名) / 紫式部(著)
亭子院朝覲のをりから御内心をし玉ひしに 帝もこれにしたがひ玉ひ、其日 菅神を亭子院にめして事のよしを内勅ありしに 菅神したまひしにし玉はざりけり。
亭子院朝覲のをりから御内心をし玉ひしに 帝もこれにしたがひ玉ひ、其日 菅神を亭子院にめして事のよしを内勅ありしに 菅神したまひしにし玉はざりけり。