“亭主列車”の読み方と例文
読み方割合
トランドマリ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女は、その「亭主列車」を待つてゐる細君の一人なのです。尤も、それを待ち暮さないやうな女なら、こんな淋しい土地へ一人で来るわけがないぢやありませんか。
海の誘惑 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
これを俗に「亭主列車」と呼んでゐます。
海の誘惑 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)