“亭主運”の読み方と例文
読み方割合
ていしゆうん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
折角よいところへ嫁にやつたのに亭主運がわるくて、死別れてしまふなんてと、さも、娘が婿を殺してでもしまつたやうに、生みの母親さへいふのをはばからないほどであつたから、先方は
「郭子儀」異変 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)