“亭乎”の読み方と例文
読み方割合
すらり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
健はの樣に亭乎とした體を少し反身に、確乎した歩調で歩いて、行き合ふ兒女等の會釋に微笑みながらも、始終思慮深い目附をして
足跡 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
健は、の様に亭乎とした体を少し反身に、確乎した歩調で歩いて、行き合ふ児女等の会釈に微笑みながらも、始終思慮深い眼付をして
足跡 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
中肉の、背は亭乎として高く、帽子にはと記章も附けてないから、打見には誰にも学生と思へない。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)