“すらり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
嫋娜41.7%
婷乎33.3%
亭乎25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新しい艶のある吾妻袍衣あづまコートに身を包んだ其嫋娜すらりとした後姿を見ると、の女が誰であるかは直に読める。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
こうがいがキラキラすると、脊の嫋娜すらりとした、裾の色のくれないを、潮が見る見る消して青くします。
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
中肉の、背は婷乎すらりとして高く、帽子にはわざと徽章も附けてないから、打見には誰にも學生と思へない。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
背の婷乎すらりとした、髪は少し赤かつたが、若い時は十人並には見えたらうと思はれる容貌かほかたち
刑余の叔父 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
——亭乎すらりとした體を眞直にして玄關から上つて行くと、早出の生徒は、毎朝、控所の彼方此方から驅けて來て、恭しく渠を迎へる。
足跡 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
中肉の、背は亭乎すらりとして高く、帽子にはわざと記章も附けてないから、打見には誰にも学生と思へない。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)