“亭亭”の読み方と例文
読み方割合
ていてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
永年にわたる松のこしらえはどの松を見ても、をためされみ竹をはさみこんで、苦しげにしかし亭亭としてえていた。
生涯の垣根 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
亭亭大毛槍を立てた如くに直立し又はに交錯して十丈以上の高さに達して居る椰子林を颯爽たる驟雨に車窓を打たれら、五台の馬車が赤い土の水を馬蹄の音高く蹴立てて縦断するのは
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
(今日も二時半頃から降り出した。)墓の上の方の楓はまだ紅葉しない、石段の上にある銀杏の樹数本は亭亭としてえて居る。これから益〻黄ばんでくると、此処ら一面は落葉で埋まるであろう。