“ぱ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
22.8%
22.4%
11.4%
7.9%
6.6%
3.8%
3.4%
3.4%
2.8%
2.8%
1.7%
1.4%
1.4%
1.0%
0.7%
0.7%
0.7%
禿0.7%
0.7%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
バルブレンはわたしの耳をって、先にわたしを中へつっこんでおいて、自分もあとからはいって、ドアをぴしゃりと立てた。
アラスカ丸は七千だから荷物船では第一級の大型だったが、たとい七千噸が七万噸でもあの波に引っかかったらも同然だ。
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
然し、の図書館員の仕事はいつも機械的であり、あてがわれるままを甘受する飜訳はいつも機械的であった。それも生活のためだ。
溺るるもの (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
「お前さんとこのお民さんは顔に似合はなえ力があるねえ。この間も陸稲の大束を四づつも背負つて通つたぢやなえかね。」
一塊の土 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
覆面探偵の方はいずれ仮面をひっいでやるが、彼からポントスのことやパチノ墓地のことを十分吐きださせた後からでも遅くはないであろう
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
らそれから五百匁軍鷄雜種つて一つちまつたな、さうしたらた」くしたが、以前つて
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
かたむけぬ、との御意でありましたから、今日も恵瓊が来て、そっと、よそで会談しておりましたが、頭からその斡旋ねて別れたわけでございまする
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ただ青い空と、それから駅の前の広ッの真中にたった一本突立っている高い高い木の梢がほんのちょっぴり見えるだけなんです。何の樹かわかりませんけども……
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
本堂と庫裡とをつなぐ板敷の間で、ずば抜けて背のひよろ長い、顔も劣らずに馬面の、真白なのすぐ目につく男が突立つてゐた。
医師高間房一氏 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)
いちゃいけませんよ。——ところで親分、三日ばかり米沢町へ行って、巴屋の家の方へ泊ってやったものでしょうか」
人生はつねに寸善尺魔である。富士男とゴルドンが、ドノバン一に対する善後策を考えだすひまもなく、不幸な分裂が思いがけなく、その晩におこった。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
が、しかし、今この材木場の奥に突き当って、そこに眺めた深い暗やみはたしかにその一ツで、俗に、聖天といった跡にちがいない。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さるをくなるに至りし所以は、天意か人為かはいざ知らず、一動いて万波動き、不可思議の事の重畳連続して、其の狂濤は四年の間の天地を震撼
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
若い元気のいい女が白いりをきて、白や赤の布で髪をつつんで、テキパキと給仕してくれる。どの皿も半額だ。さっきの食券をわたして食べる。
ソヴェト文壇の現状 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
ぐいとねに布巾ける。
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
と貞子夫人は至ってかにねる。植木屋は御主人のところへ罷り出て
脱線息子 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
それだから、さ。すぐ、そんな風にに火がいたようになるのは、猪武者というものですよ。ほんとうに、雪之丞に、意趣返しをなさるおつもりなら、ちゃんと、陣立てを
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
頭がつるっ禿げなので、「ロンコロオヤシ」(禿頭をもつおばけ)とも称する。おばけといっても案外親切な連中で、山の中で荷物が重くて困っている時など
えぞおばけ列伝 (新字新仮名) / 作者不詳(著)
「引けまでにはねっ返すだろう。今日はの日だぜ。尻っねだ」
勝ち運負け運 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
が五六、がり/\といてはでそこをいてがり/\といては餘念もなく夕方飼料めつゝ田圃からりつゝある。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
しづつつた。南瓜晝間いてになるとそつといて所在すのである。甘藷いてりにするのはぎるのでぐつとく。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
おまえさんたちはたった今、そこの辻で、江州の三といわれる顔役のひとりと喧嘩しなすッたろうが。いやはや、あぶねえもんだ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と宋江が仲に立って、晁蓋以下一党の同勢へ三の連中をひきあわせた。所もよし、白龍廟の神殿だった、その大廻廊でのことだった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
箆棒、おつめんなもんぢやねえ、それだらせよ、なあ、さねえすんのが泥棒よりえんだな、西のおとつゝあ躊躇逡巡だから、かたで
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
博勞なんちい奴等泥棒根性くつちや出來商賣だな、らつぽうんぬいて、兼等りや、れことせえおつめるしやがつて」博勞向側から戯談らしい調子でいふと
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
卯平勘次との豫期してがではあつたが、丁度落付かない藁屑いては到頭るやうに
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
いた餌料てはみんなからばさ/\とびおりてこツこツときながらき/\うていた。勘次不足してることをめざるをなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「中の広ッへだよ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それ故九十九は不吉でござる。がしかし不吉のその数も手段を加えれば吉ともなる。手段というのは引っずすことじゃ
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
到頭席へ引っってきた。
グリュックスブルグ王室異聞 (新字新仮名) / 橘外男(著)
男の社員の場合は中学校出と専門学校出との間には区別があるのに、女事務員だけはそんな区別がなく十一からげだった。
舗道 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
それにも、渠の私行上の、然し渠自身からおほびらにしてゐることのきが載つてゐる。そして
泡鳴五部作:03 放浪 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
「こいつア恐れいりやした。渡りをつけるってえご定例は、ほんとのとこは、そちらから、こちらへしていただくのが作法でござんすがね。野暮をいうなあ止しやしょう。——おいっ、
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と謂ツて學士は、何も謹嚴に構へて、所故に白い齒を見せぬといふでは無いらしい。一體がえぬなのだ。顏はい方で、鼻は尋常だが、少しである。
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)