“上膊”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じょうはく90.9%
じやうはく9.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“上膊”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
——右の上膊じょうはくに、喰い切ったような傷口があって、そこから鮮かな血をいているのが発見されたのもこの時だった。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
結局そのとき以来、「火の玉」少尉は右腕の自由を失ってしまい、野戦病院に退いて、ついに右腕を上膊じょうはくから切断してしまったのである。
空中漂流一週間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
怪我人けがにん上膊じやうはく挫折ざせつしてぶらりとれてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)