生涯しやうがい)” の例文
私は二十になつた今日までの生涯にこれぞといつて人さまにお話し申す大事件もなく、父母の膝下に穏やかな年月を送つて参りたが
黄金機会 (新字旧仮名) / 若松賤子(著)
駅へついてみて、私は長野か小諸か、どこかあの辺を通過してゐる夜中に、姉は彼女の七十年の生涯に終りを告げたことを知つた。
町の踊り場 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
何より心苦く思ふのでネ、——どうぞ貧乏町に住まつて、あの人達と同じ様に暮らして、生涯其の御友達になりたいと祈つて居るのです
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
丑松は敬之進のことを思出して、つく/″\落魄生涯を憐むと同時に、の人を注意して見るといふ気にも成つたのである。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
その代金は御二人が生涯たのしく、お楽に暮していかれるだけはございます。どうぞ随分とお身体をお大事に、いのち長くお暮しなさい。
竜宮の犬 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
親分、待つて下さい、私も何んかう夢のさめたやうな氣がします。『貸した金を取るのが何が惡い』と思つた生涯が淺ましくなりました。
さ。』と、ミハイル、アウエリヤヌヰチは聽入れぬ。『ワルシヤワこそせにやならん、が五幸福生涯つただ。』
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
そして軈ては、藝術家が最も自己を發揮するに適するからといふ理由で、生涯繪畫研究ねるからと切込まれた。勝見子爵はがツかりした。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
生涯、その子供に逢ふ事もないだらうと思ふにつけて、富岡のさびた気持ちのなかに、その思ひ出は、郷愁をそそつた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
忘れぬ心にて生涯に頂かんと思ふが故に賣殘しぬ然るを先日して後を種々し求めて居しなり偖々嬉しき事哉と幾度となく押戴喜悦
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
自分など、今までの生涯を振返つて楽しかつた記憶はないが、ひて取り出せば高等学校時代の印象がさうだ。その頃、自分ははじめて恋愛した。
現代詩 (新字旧仮名) / 武田麟太郎(著)
自分は平生誰でも顔の中に其人の生涯れて見えると信じて居る一人で、悲惨な歴史の織り込まれた顔を見る程心を動かす事は無いのであるが
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
いや、れまい。ませて、斎非時にとてばぬが、渋茶振舞はず、での生涯坊主水車らうとした。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
雪国の人は春にして春をしらざるをもつて生涯る。これをおもへば繁栄豊腴大都会年々歳々梅柳媆色の春をむ事天幸の人といふべし。
熟々ふるにありて油揚をさらひ土鼠ありて蚯蚓目出度人間一日あくせくときてひかぬるが今日此頃世智辛生涯なり。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
が、自分達しい生涯を、多少める調子を、御米へたので、御米えず反物からしてた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
ういふお慈悲旦那様がおありなさるから、八百膳料理無宿者されるのだ、おしてけよ、おくことは、生涯出来ないぞ。
彼の女は身の上ばなしを初めてはよく泣いた。お絹はいろいろな生涯を経てこの村へ流れて来た女であつた。
さりながら徃日御詞りなりしか、さへに見捨ずば生涯幸福ぞと、けなきはりてよりいとゞがたく、にするは今日めてなれど
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
どもをおもひすることにて、わたしはわたしの苦惱にみちみてる生涯く、そしてしい日々としてすでせう。これはきな感謝であります。
ちるちる・みちる (旧字旧仮名) / 山村暮鳥(著)
けれどうことなしにるのはあたら一生涯の一部分をたゞでくすやうな氣がして不愉快ずる、場合如何ともがたい、るにかしていた。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
月日は百代過客にして、行きかふ年も又旅人なり。船の上に生涯をうかべ、馬の口とらへてをむかふる者は、日々旅にして、旅をとす。古人も多く旅に死せるあり。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
こんな風では、わしが生涯をかけても、家一軒は愚か、牛小屋も出来ないことが、りましたぢや。それにもう一つ、大きな声では、いはれない障害のあることが解りました。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
から一の目的め、万障し、終生目的点せんとむるが如きは不信仰時代行為なりき、ひ、今日今日す、今日生涯なり
問答二三 (新字旧仮名) / 内村鑑三(著)
ついが出にくいとふだけの事である。長吉直様別れた生涯をこま/″\と書いて送つたが、し待ちけたやうな、折返したおの返事はに聞く事が出来なかつたのである。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
不幸彼女ふことの出來ない汚點をその生涯にとゞめた。さうしてその汚點するは、彼女までを、さうしてまた此先をも、かくて彼女の一をいろ/\につてくであらう。
(旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
死刑執行者論據うでした、それからさるべきがなければ、ることは出來ない、てそんなをしたこともなければ、これからとても一生涯そんならうがない。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
勘次から瘡痍つた。平生になくそれを放任つてけば生涯畸形りはしないかといふをすらいた。さうして鬼怒川えて醫者與吉れてつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
われは生涯のあまりくない心得てゐる、菩提樹下誘惑けたつてゐる。われにませる会友たちの、よく承知してゐるく、さういふ滅多咽喉らない。
ただ生涯の船がかり、いづれは黄泉
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
おそらくは生涯妻をむかへじと
一握の砂 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
のやうに渦卷いた生涯
太陽の子 (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
先生の生涯は実に懴悔の生涯さ。空想家と言はれたり、夢想家と言はれたりして、甘んじて其冷笑を受けて居る程の懴悔の生涯さ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
おせいを殺した下手人は自分でありながら、猟師の犬となつた清吉が、囚はれて、あの男は、自分の生涯に極刑を選ぶ、馬鹿な道をとつてゐる。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
結びて懷姙なしゝ一子なるが民間に成長して後未見父君將軍と成しかば證據へて訴へ出たるなればよしお世繼とせざるまでも登用てもて生涯
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
唯娘が土左衞門になつて、この店に擔ぎ込まれた時は、私は扇屋の主人を生涯つてやらうと思ひ定めましたよ。
雪国の人は春にして春をしらざるをもつて生涯る。これをおもへば繁栄豊腴大都会年々歳々梅柳媆色の春をむ事天幸の人といふべし。
るがめてのしみなりれはみとてなれば生涯この御奉公してさま朝夕御世話さては嬰子さままれひての御抱にもあれ
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「アヽ、剛さん、——世間からは毒婦と恐れられ、神様からは悪魔としめられて生涯を終らねばならんでせうか——私、此の右手を切つててたい様だワ——」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
丁度修行るのをして孤家引返して、婦人と一生涯らうとつてで。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
砂埃でざらつきさうなと、けて生涯めつこないつてゐた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
どうも誠に有難うございます、う一生涯、お薄茶でもけることでないと
恁云學説は、種々學説めて研究したり、比較したりして、自分生涯目的としてゐる、めて少數人計りにはれて、多數れを了解しなかつたのです。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
そして、自分の生涯をふりかへつて見てはづかしく思ひました。自分は、じつにじつに、何一つ人のためになることをして来てゐませんでした。わがままいつぱいにふるまつて来ました。
鳥右ヱ門諸国をめぐる (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
余に計画なる者あることなし、何とむべき(羨むべき)生涯ならずや。
問答二三 (新字旧仮名) / 内村鑑三(著)
安くしてみますと言ふに城富ハイ夫は何寄以て有がたう存じます何卒お願ひ申ますと是より口移しに道行の稽古より始めて段々とひ込んで生涯の一藝にせんものを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
あるひは、貴方等の目から御覧に成つたらば、吾儕事業華麗でせう。成程表面は華麗です。しかし、これほど表面が華麗で、裏面の悲惨な生涯は他に有ませうか。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
で——の……危篤……生涯一大事電報で、一月いまだ大寒に、故郷駈戻つたは、汽車をあかして、敦賀から、だつたが、武生まででれた。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「それに、お崎の敵も討つてやり度い。眼は無事だつたが、あの傷は生涯殘るかも知れない」
生涯の最後だと思ふと、何も彼も淋しい美しい。いとしくなるほど、すべて見るものが美しいのだ。菊の花の、白に見える薄黄ろ……。汚れた軸の山水から風が吹きあげてゐる。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)