“學説”の読み方と例文
新字:学説
読み方割合
がくせつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふをは、しげな傳説學説はぬがよい。至情である。
湯ヶ原より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
恁云學説は、種々學説めて研究したり、比較したりして、自分生涯目的としてゐる、めて少數人計りにはれて、多數れを了解しなかつたのです。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
ふものは、碌々貝塚發掘してもせずに、ちに地中秘密つたをして、僅少なる遺物材料に、堂々たる大議論べ、うして自個學説てるのにいでもい。