“菩提樹下”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぼだいじゅか66.7%
ぼだいじゆか33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“菩提樹下”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 仏教教理・仏教哲学100.0%
哲学 > 仏教 > 経典100.0%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > アジア50.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
私はその夜ブダガヤの菩提樹下ぼだいじゅか金剛こんごう道場で坐禅を致しましたが実に愉快の感に堪えなかった。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
しかも、一たびは家を捨て、人を捨て、肉体までも捨てんとした釈尊は、菩提樹下ぼだいじゅかの静観によって、ついに心において復活したのです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
われはおのれ生涯しやうがいのあまりきよくないこと心得こゝろえてゐる、みちかたはら菩提樹下ぼだいじゆか誘惑いうわくけたことつてゐる。