“帳消”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちょうけ50.0%
ちやうけ25.0%
ちょうけし25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かりに自分が、少佐にこびることによって、ゆうべのことを帳消しにされ、幸いに学校を卒業することが出来たとしても、父はそんな卒業を軽蔑こそすれ、決して心から祝ってはくれないだろう。
次郎物語:04 第四部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
では帳消しにでもつたやうなまいものでもなし、さうすると一人へてくやうなものだしね、他人かれたのではれるが、いたのではれないとさへいふんだから
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
何うせ此の世にゃア望みはえ、えものでも沢山って、面白い思いをして太く短かく生涯を楽に暮して、縛られゝば百年目、此の粗末な素首を飛ばして帳消をして貰うばかり