“御生涯”の読み方と例文
読み方割合
ごしょうがい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十二月の初めから御不予の御沙汰があり、中旬になって御疱瘡と定まって、万民が平和の父と仰ぎ奉ったその人は実に艱難の多い三十七歳の御生涯を終わった。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)