“田野”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
でんや66.7%
のら8.3%
いなか8.3%
たの8.3%
たはた8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
佐々と前田の戦争は、ことしも吉例のように四、五月頃から諸所に兵火をあげ、相互に、一を奪いあって、馬蹄にかからぬ田野もなかった。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さあ、その烈しい労働をるからでも有ましょう、私の叔母でも、母親でも、強健捷敏い気象です。私は十三のから母親にいて田野へ出ました。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
、こうして行軍したものだが、まだいちども田野の郷民が、こんなに王軍へ歓呼するような景色に出会ったことはない……。これがまことの野の声というものか
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここらあたりにも沢山の湯がわいておる。湯坪という村には湯、大岳地獄、疥癬湯、河原の湯、田野という村には星生の湯、中野の湯、の地獄、温泉というのがある。
別府温泉 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
らの穀物ときには汝等その田野隅々までをべからず穀物遺穂うべからずまた菓樹園取尽すべからずまた菓樹園たる
聖家族 (新字新仮名) / 小山清(著)