別府温泉べっぷおんせん
道路のアスファルトがやわらかくなって靴のあとがつくという灼熱の神戸市中から、埠頭に出て、舷梯をよじて、紅丸に乗ると、忽ち風が涼しい。 ここから神戸市中を振り返って見ると、今まで暑さにあえいでおった土地も、涼しげな画中の景となって現れて来る。 …
作品に特徴的な語句
湧出わくで おり げん まわし おろ いず 小豆しょうど さか むこ るい 九重くじゅう とつ むな 祖母そぼ 田野たの げつ いわく 山背やませ おく あが けん 鉄輪かんなわ ぼとけ えら おこ もし くれない かえっ ちゃく 疥癬ひぜん 温泉おんせん あり あるい 首肯しゅこう 飯田はんだ ふう 逍遥さまよ へん 豊国ほうこく ばか おと うきぐさ 茅萱かや 臥床ねどこ はだえ えん うけ 笠縫かさぬひ 竹縁たけえん こく かん だま えん 温泉 うか 此方こなた たのし 暑熱しょねつ 日向ひゅうが 日出ひじ ばかり すう 打越うちこ いか のち めぐ 佐波さわ わずか 大荒おおあれ 大岳おおたけ おおい かん 小舟をぶね さき ことごと 山路やまじ 夏草なつぐさ きれ ひるがえ そび 真赤まっか 脆弱ぜいじゃく 腰掛こしかけ 致也ともや 臼杵うすき 草臥くたび げん