“おが”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オガ
語句割合
75.7%
8.7%
男鹿5.8%
大鋸1.9%
成長1.9%
1.0%
拝謝1.0%
継母1.0%
1.0%
英賀1.0%
1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
といって、しくえてくれました。さんはをこぼして、わせてみながら、ころがるようにしてげていきました。
人馬 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
男鹿半島あたりでは、男が沖へ出たあとを、女ばかりの消防団まで出来ている。
胡堂百話 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
大鋸ひきや、こむら、ひかがみ
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
「虔十、あそごは杉植ぇでも成長らなぃだ。それより少し田でも打ってけろ。」
虔十公園林 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
星がめいていれば、明日の好霽されるので、むようにして悦ぶ、その次にくと、星どころではない、漆黒の空である、人の心も泣き出しそうになる、しかし暁天までには
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
両人ともに言葉なくただ平伏して拝謝みけるが、それより宝塔えに天にえて、西よりれば飛檐ある時素月を吐き、東より望めば勾欄夕べに紅日を呑んで、百有余年の今になるまで
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
爺様継母さんは、(家のごどは考えねで、自分ばり楽するごと考えでる)って言うげっとも、俺は稼いだって大したごとも出来ねえから、何が外のごって……」
緑の芽 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
何ぼ何食ってったからって
春と修羅 第二集 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
井上外記は播磨英賀城主井上九郎右衛門の孫で、外記流の流祖である。
ひどい煙 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
政吉 (陸へ飛びあがり)治平さん、何でえその恰好は、ああ眼えでもはいったか。
中山七里 二幕五場 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)