“あおむ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
仰向93.3%
3.7%
仰臥1.1%
上向0.4%
仰反0.4%
俯向0.4%
傾向0.4%
真仰向0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「またやんちゃんが始まるな、」と哲学者は両手でを支えて、柔和な顔を仰向けながら、若吉をめて剃立で廻す。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それは息もないようなしずかな寝姿であり、見る目らぬこどものようにき踏みはだかった無邪気な寝姿でもある。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
漸々探り寄って春部が仰臥けざまに寝ている鼻の上へ斯う手を当てゝ寝息を伺いました。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
上向けになつて、すや/\と眠つてゐるんだけれど、妾、その顔を暫く見てゐたら何となく気の毒になつてしまつて、そうツと出て来ちやつたけれど
夜の奇蹟 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
彼は背伸びでもするように、顔だけ仰反けにしてこっちを見た。
柳橋物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
抜けつりつ、こやの軽いのにゃ飽倦ッちゃって、二人とも大汗になって、トド打掴え、掛けたのを外しにかかると、俯向けに倒れながら、まだ抵抗う気だ。
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
暑いじゃないかと言葉を掛けて、そのまゝ傾向きに大の字なりにて倒れた。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
朱の盤 (真仰向けに承塵を仰ぐ)屋の棟に、すでに輿をばお控えなさるる。
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)