“のこぎり”の漢字の書き方と例文
語句割合
100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なんぼ山鳥のおろのかゞみで、頤髯でたで、で、使ひ/\、んだを、からせてはつこちねえ。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
赤黒い棍棒の様なものであった。その棍棒の尖端がパックリ二つに割れて、内側にギザギザしたの歯みたいなものがついていた。
妖虫 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
ソコデ江戸に這入たとき、今思えば芝の田町、処も覚えて居る、江戸に這入て往来の右側の家で、小僧がの目をて居る。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)