“田町”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たまち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“田町”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸4.8%
芸術・美術 > 彫刻 > 彫刻史 各国の彫刻2.4%
文学 > 日本文学 > 戯曲1.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
他の一筋は堤の尽きるところ、道哲どうてつの寺のあるあたりから田町たまちへ下りて馬道うまみちへつづく大通である。
里の今昔 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
昨日きのふ今日けふ時雨しぐれそらに、田町たまちあねよりたのみの長胴着ながどうぎ出來できたれば
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)