“絎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
71.4%
ゆき28.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……二両で帯を買うて、三両でけて、二両で帯を買うて、それから、三両で絎けて、そうしてどうするの、三両で絎けて……
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
老婆はその花束を裏の縁側へ置いて、やっとこしょと上へ昇り、他処往きの布子に着更え、幅を狭くけた黒繻子の帯を結びながら出て来たところで、人の跫音がした。
地獄の使 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
お針仕事が、津々浦々の、女たちにもわかりよいやうに、反物のは、およそ男の人のに一ぱいであることを目標とし、その布を、袖に四ツに畳んで折り、身ごろを長く四ツに折ればとれる。
きもの (新字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
お針仕事が、津々浦々の、女たちにもわかりよいやうに、反物のは、およそ男の人のに一ぱいであることを目標とし、その布を、袖に四ツに疊んで折り、身ごろを長く四ツに折ればとれる。
きもの (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)