“絎紐”の読み方と例文
読み方割合
くけひも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがてのことに女は、肌膚に着けた絎紐をほどくと、燃えるような真紅の扱帯が袋に縫ってあって、んだように真ん中がふくれている。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
金鎖は天晴 mécène らしい顔をして聞いている。おちゃらはさも退屈らしい顔をして、絎紐程の烟管挿しを、の上で結んだり、ほどいたりしている。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
ねあげられたには兩頬れてさうして絎紐められた手拭隙間かられたいて其處にも一風情發見されねばならぬ。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)