“絎帯”の読み方と例文
読み方割合
くけおび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れぼつたい一重瞼の、丸顔の愛くるしい娘だ。紫の縒上布の袖の長い単衣を着て、緋の紋縮緬絎帯吉弥に結んだのを、内陣からりて来た貢さんはくしいと思つた。
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)