きもの
着ものをきかへようと、たたんであるのをひろげて、肩へかけながら、ふと、いつものことだが古への清少納言のいつたことを、身に感じて袖に手を通した。 それは、雨の降るそぼ寒い日に、しまつてあつた着るものを出 …
題名が同じ作品
きもの (新字旧仮名)中勘助 (著)
きもの (新字旧仮名)長谷川時雨 (著)