“丸絎”の読み方と例文
読み方割合
まるぐけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
這入って来る。白木綿の着物に同じ丸絎の帯をしめて、上から蚊帳のように法衣を羽織って、すこぶる気楽に見える小坊主であった。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
弁慶格子の広袖に丸絎の帯を前に結び、五十貫もある鉄棒を軽々とげたその姿は可笑もあれば凄くもある。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
と云いながらにあった丸絎を取って海禪坊主をぐる/\巻に縛るから