“丸裸体”の読み方と例文
読み方割合
まるはだか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは可愛らしい、お河童さんの人形であった。丸裸体のまま……どこをみつめているかわからないまま……ニッコリと笑っていた。
微笑 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
二俣の奥、戸室、岩で城をいた山寺に、兇賊ると知れて、まだ邏卒といった時分、捕方多人数隠家を取巻いた時、表門の真只中へ、その親仁だと言います、六尺一つの丸裸体
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
風当りの強きゆゑか、何れも丸裸体になつて、黄色に染つた葉の僅少ばかりが枝にしがみ着いて居るばかり、それすら見て居る内にバラ/\と散つて居る。風の加はると共に雨が降つて来た。
空知川の岸辺 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)