一九二八年三月十五日せんきゅうひやくにじゅうはちねんさんがつじゅうごにち
お惠には、それはさう仲々慣れきることの出來ない事だつた。何度も――何度やつてきても、お惠は初めてのやうに驚かされたし、ビク/\したし、周章てた。そして、又その度に夫の龍吉に云はれもした。然し女には、そ …