“噴火”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふんか87.5%
ふんくわ12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この噴火口内出現した二百米鎔岩塔しいものであつたが、それは噴火末期次第崩壞消失してしまつた。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
それから、何の、走って、走って、とうとう向うの青くかすんだ野原のはてに、オツベルのの黄いろな屋根を見附けると、象はいちどに噴火した。
オツベルと象 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
その通り 火星の運河は 洪水とか噴火とかの自然の力で出来たとは思へませんね
あの、磐梯山噴火して、一部山廓をそのまゝにした。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)