“噴火孔”の読み方と例文
読み方割合
ふんかこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「おお、ルゾン号の船長さんですか。大学では、今こっちかられんらくしようと思っていたところでしたよ。大西洋は今、噴火孔の上にあるようなものですよ」
海底大陸 (新字新仮名) / 海野十三(著)
刻々とる暮色のなかに、嵐はに吹きすさむ。噴火孔から吹き出す幾万斛の煙りは卍のなかに万遍なくき込まれて、嵐の世界を尽くして、どす黒くり渡る。
二百十日 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「ああ。あの上へ登ったら、噴火孔に見えるにない。そうしたら、路が分るよ」
二百十日 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)