“自来也”の読み方と例文
読み方割合
じらいや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自来也同心格子に月は、いせいよく、店の上にぶらさがってふわふわ動いていました。清造はそんなを見たのは、はじめてでした。
清造と沼 (新字新仮名) / 宮島資夫(著)
男はし、肌も白し、虫も殺さぬ顔をしているから、人殺しの兇状こそなけれ、自来也の再来とまでいわれた人間だった。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
自来也も芝居や草双紙でおなじみの深いものである。わたしも「喜劇自来也」をかいた。自来也は我来也で、その話は宋の沈俶の「諧史」に載せてある。
自来也の話 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)