清造と沼せいぞうとぬま
清造はその朝になって、やっとにぎやかな町に出ました。それは、清造の生まれた山奥の村を出てから、もう九日目くらいのことでした。それまでにも、小さな町や村は通ったことがありましたが、これほどにぎやかな町に出たのはこれがはじめてです。町の両側には …
作品に特徴的な語句
かお いきお 牛車ぎゅうしゃ 画家がか おこ はん 一時いちじ あた 両親りょうしん れい ひか 大蛇だいじゃ 往来おうらい もん くら 清造せいぞう 片側かたがわ なま ちょう えん くる たよ 両側りょうがわ 今度こんど 介抱かいほう 余計よけい たお はたら 元気げんき たこ 凧屋たこや 刈入かりい わか 割合わりあい 台所だいどころ 名人めいじん 回復かいふく こま どう 場所ばしょ 売出うりだ ふと 小僧こぞう 小言こごと 山奥やまおく 市中しちゅう みせ 弟子でし 当分とうぶん こい かな 手伝てつだ はた むかし ひる 時分じぶん 時節じせつ ばん 最後さいご 有数ゆうすう まくら 桶屋おけや たの ある こおり 汽車きしゃ ぬま なみ およ 湯気ゆげ よう つか 築山つきやま 糸目いとめ 素直すなお そだ なか 自分じぶん 興味きょうみ くき うら 親切しんせつ まず 赤地あかじ 郊外こうがい