“たまもの”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
47.4%
賜物45.9%
6.0%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
案外その開化のとして吾々の受くる安心の度は微弱なもので、競争その他からいらいらしなければならない心配を勘定に入れると
現代日本の開化 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
この御警策の賜物でございましょう、わたくし風情の眼にも、東福寺の学風は京の中でも一段と立勝って見えたのでございます。
雪の宿り (新字新仮名) / 神西清(著)
に思ふに只蘭軒をして能く拘儒たることを免れしめただけが、即ち此学統のせめてものではなかつただらうか。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
夫は決して人間の意識の独自的な動力によって形成されたものでもなければ、まして神的なものからのでもない。
現代哲学講話 (新字新仮名) / 戸坂潤(著)