現代日本の開化げんだいにほんのかいか
はなはだお暑いことで、こう暑くては多人数お寄合いになって演説などお聴きになるのは定めしお苦しいだろうと思います。ことに承れば昨日も何か演説会があったそうで、そう同じ催しが続いてはいくらあたらない保証のあるものでも多少は流行過の気味で、お聴き …
作品に特徴的な語句
せい きわま ねがわ そり なお あと はた まぬ わざ いま すき らく きわ こら ぜん わが いだ ゆだ せな おわ 先程さきほど 杜絶とぜつ せつ さから ふる 厭気いやき とり つかさ たまもの うけたまわ そしり うち にく おのずか あた 小刀ナイフ 肉刺フォーク まとま ゆか 弓形ゆみがた ちぢ 御尤ごもっとも しま 臆面おくめん 気儘きまま 気兼きがね 気象きしょう 法螺ほら 波瀾はらん 活計くらし なみ 浴衣ゆかた 渡世とせい 漏斗じょうご 漠然ばくぜん 炳乎へいこ せん 煙草たばこ 理会りかい 理窟りくつ 琥珀こはく 生噛なまかじ はぶ 真似まね 真心まごころ 真直まっすぐ 硬張こわば ろく つも 空手からて 糞力くそぢから ただ つづ 素人しろうと 錯綜さくそう 身体からだ 辣腕らつわん 迂濶うかつ 退 みち 這裏しゃり 醗酵はっこう かも はり 釣魚つり 食膳しょくぜん かえり 食客いそうろう