“げんき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
元気61.7%
衒気16.4%
元氣9.0%
元亀7.4%
減毀1.2%
玄基1.2%
衒奇0.8%
元起0.4%
元季0.4%
元輝0.4%
壮健0.4%
幻詭0.4%
玄喜0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
元気をのこして、ていきました。おじいさんとおばあさんは、って、いつまでも、いつまでも見送っていました。
桃太郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
もし帯刀とその小姓をのぞけば、この近傍の庄屋とも変りはない。それほどに覇気衒気のみじんも見えない人がらであった。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
勿論境涯とてして平和境涯ではないが、すでに充分があるので、よりは餘程元氣もよく、赫々たる熱光
ただ、もし元亀天正の頃の日本人に見せたら、この老神父もまた、定めしかのウルガン伴天連の如く見えたことだらうと思ふわけである。
ハビアン説法 (新字旧仮名) / 神西清(著)
歴史の頁数は年毎に其厚さを加ふれど、思想界の領地は聊爾減毀せらるゝを見ず。も是れ渡船に乗じて往来する人の面は常に異なれど、渡頭、船を呼ぶの声は尽くる時なきが如し。
思想の聖殿 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
その転陣の先へ、設楽五郎左の子権之助が、敵将斎藤玄基の首をひッさげて来て彼の見参に入れた。
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここに三画伯の扮装を記したのをて、衒奇、表異、いささかたりとも軽佻諷刺の意をしたりとせらるる読者は、あの、紫の顱巻で、一つ印籠何とかの助六の気障さ加減は論外として
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
晩年には毎月説文会を催して、小島成斎、森枳園、平井東堂、海保竹逕喜多村栲窓、栗本鋤雲等をえた。竹逕は名を元起、通称を弁之助といった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
この年六月に海保竹逕が歿した。文政七年であるから、四十九歳を以て終ったのである。前年来弁之助と称せずして、名の元起を以て行われていた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
今道余録を読むに、姉と友との道衍を薄んじてむも、過ぎたりというべし。道余録自序に曰く、余に僧たりし時、元季の兵乱にう。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
おうっ、めずらしや、あれに賊の軍師呉用、賊の大将宋江、またそのわきに一清公孫勝が駒を並べて指揮している。——元輝、一軍をひッさげて、一清の首を
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「じゃお壮健で……、アバヨ、アバヨだ」
冬枯れ (新字新仮名) / 徳永直(著)
数〻社参するに、修験者らから神怪幻詭の偉いなどを聞かされて、身に浸みたのであろう、長ずるに及んで何不自由なき大名の身でありながら、葷腥を遠ざけて滋味わず、身を持する謹厳で
魔法修行者 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
父は玄喜、子は玄悦で、麹町三軒家の同じ家に住んでいた。照は玄喜ので、玄悦の妹ではあるまいか。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)