“竹逕”の読み方と例文
読み方割合
ちくけい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
晩年には毎月説文会を催して、小島成斎、森枳園、平井東堂、海保竹逕喜多村栲窓、栗本鋤雲等をえた。竹逕は名を元起、通称を弁之助といった。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
竹逕涼雨怪巌紅楓蟠松晴雪……育徳園八景といって、泉石林木布置幽邃をきわめる名園がある。
顎十郎捕物帳:08 氷献上 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
この清麗なる雪中の竹逕を以て前の上等社会の恋にふ、また用意周到の処なり。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)