“小田”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おだ61.5%
をだ30.8%
おのだ3.8%
吉井源馬3.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そう小田ると、自分行為までがみられて、これから、自分も、ほんとうのしい、人間になろうと決心したのでした。
笑わなかった少年 (新字新仮名) / 小川未明(著)
り、やがてれぬ。白雲行衞ふ、蘆間あり。蕎麥色紙畠小田棚田案山子夕越えて、きにし。
月令十二態 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
篠崎小竹の顔も見え、岡田半江小田などの画人や、伊丹剣菱の主人なども来ていた。
梅颸の杖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
後藤庄次郎と両人ニて紀州の奉行へ出かけ、十分にやりつけ候より、段々論がはじまり、昨夜今井中島小田小太郎など参り、やかましくやり付候て、夜九ツすぎにかえり申候。