“小田島伝蔵”の読み方と例文
読み方割合
おだじまでんぞう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
留守宅は用人の小田島伝蔵老人と、近頃両国の水茶屋を引いて、行儀見習のために来ている、銭形平次の許嫁お静。
仲人は笹野新三郎の用人、小田島伝蔵老人、いずれ春には輿入れするはずで、ボツボツ支度を心掛けていた矢先ですから、貧しい調度ながら、一と通りのものは揃っております。
仲人は笹野新三郎の用人、小田島伝蔵老人、いずれ春には輿入れするはずで、ボツボツ支度を心掛けていた矢先ですから、貧しい調度ながら、一と通りのものは揃っております。