“剣菱”の読み方と例文
旧字:劍菱
読み方割合
けんびし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「一向知りませんよ。旦那はお酒の吟味がやかましくて、剣菱で取って飲んでいましたから、酒屋の徳利なんか家へ入るわけはありません」
焚火にくべてあった松の切株がりに煙を立てて、剣菱の天井から白々と夜の明け初めたのがわかります。
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
篠崎小竹の顔も見え、岡田半江小田などの画人や、伊丹剣菱の主人なども来ていた。
梅颸の杖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)