“巣湖”の読み方と例文
読み方割合
そうこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先陣に立った満寵は、巣湖の辺まできて、はるか彼方の岸を見ると、呉の兵船は、湖口の内外に、檣頭の旗をひるがえして、林の如く密集していた。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また、呂蒙の意見を容れて、濡須安徽省巣湖長江の中間)の水流の口から一帯にかけて、を築いた。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「仕官するのを好まないようです。魯粛の友人の劉子揚というのが、巣湖へ行って鄭宝に仕えないかとしきりにすすめている由ですが、どんな待遇にも、寄ろうとしません」
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)