“鮫柄”の読み方と例文
読み方割合
さめづか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
陣羽織のようななしに、鮫柄の小刀を一本さし、年は四十がらみ、両眼するどく、おまけに、仕事場で火傷でもしたけがか、片鼻が、そげたようにけている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
引き摺り出してみると、ああ、やっぱり駄目だ! 女の体は、のように、細紐で巻き締めてあって、左の乳の下に、鮫柄の短刀が、根まで突きとおして、抜かずにある。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
袖無羽織を着、小桜の革足袋に新しい藁草履をはき、鮫柄の小脇差を一つ横たえて、武士とも町人ともみえず、ただ何処やらしげな風格のある人が、竹箒を持って——ふと
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)