“鮫肌”の読み方と例文
読み方割合
さめはだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
胸にみつく歯や、ざらざらした鮫肌や、阿片の匂いのした寒い鼻息などの波の中でちらちらと浮き始めると、彼女は寝返り打って、ふっと思わず歎息した。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
が、それは雪と言ふよりも人間の鮫肌に近い色をしてゐた。わたしはかう言ふ山脈を見ながら、ふとあのモデルを思ひ出した、あの一本も睫毛のない、混血児じみた日本の娘さんを。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
白く肌理い金五郎の皮膚にくらべて、友田の身体は、鮫肌で、どす黒い。そこへ、両腕から背中一面にかけて、自来也の彫青をしているので、よごれたシャツでも着ているようである。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)