“鱶七”の読み方と例文
読み方割合
ふかしち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
熊谷や、鱶七や、大岡越前守や、そういうたぐいの役々を好んで演じていたが、いずれも団十郎張りであるという好評で、やがては大立者となるべき鷹揚な芸風であったのを
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
小説だもの、鱶七が弁慶の長上下で貧乏徳利をブラ下げて入鹿御殿にを巻こうと、芝居や小説にいちいち歴史を持出すのは余程な大白痴で、『八犬伝』の鉄砲もまた問題にならない。
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
芝居道でいえば、「寺子屋」の春藤玄蕃が赤いを着て威張ったり、「鎌倉三代記」の時姫がお振り袖をジャラジャラさせ、「妹背山」の鱶七が長裃を着けるのと、同じ筆法と御許しを願いたい。