“手前味噌”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てまえみそ71.4%
てまへみそ28.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一 ちと手前味噌てまえみそに似たれど、かかる種の物語現代の文学界には、先づ稀有けうのものなるべく、威張いばりていへば一の新現象なり。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
老生のべんとする所は、慶應義塾の由来にき、げん少しく自負に似て俗に手前味噌てまえみそきらいなきにあらざれども
僕の手柄は手前味噌てまえみそですから書きません。
省線電車の射撃手 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「でございましょう。そうなくっちゃ、とてもああいう傑作は、お出来になりますまい。してみますと、先生は歌も発句もお作りになると、こうにらんだ手前の眼光は、やっぱりたいしたものでございますな。これはとんだ手前味噌てまえみそになりました。」
戯作三昧 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「やっぱり手前味噌てまえみそよ」
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
中には手加減を加へるどころか、作者自身然るべき匿名とくめいのもとに、手前味噌てまへみその評論を書いたのもある。
澄江堂雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
時には大いに苦心したなどと手前味噌てまへみそさへあげぬことはない。
芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)