“手前勘”の読み方と例文
読み方割合
てまえかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただ堕落した自己が、依然として昔の自己であるとから認識された時の嬉し涙は死ぬまでついて廻るものに違ない。人間はかように手前勘の強いものである。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
手数、と手前勘に御遠慮を申上げ、お庭へ参って見ますると、かくの
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)