“味噌屋”の読み方と例文
読み方割合
みそや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それはオートバイと思いの自動三輪車であった。それは大阪方面の或る味噌屋の配達用三輪車であって、車の上には小さな樽がまだ四つ五つものっていた。
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
幼い時に見たままの味噌屋の土蔵だの、綿屋の暖簾が、平和な春の風にふかれて見える。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その家の表には門口縄暖簾を下げた米屋だか味噌屋だかがあった。彼の記憶はこの大きな店と、でた大豆とを彼に連想せしめた。彼は毎日それを食った事をいまだに忘れずにいた。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)