風雨の晩の小僧さんふううのばんのこぞうさん
都会のあるくつ店へ、奉公にきている信吉は、まだ半年とたたないので、なにかにつけて田舎のことが思い出されるのです。 「もう雪が降ったろうな。家にいれば、いま時分炉辺にすわって、弟や妹たちとくりを焼いて食べるのだが。」 そう思うと、しきりに帰り …
作品に特徴的な語句
とう なお うえ 祖母そぼ てん 炉辺ろべ 悪口わるぐち 商人しょうにん 眼前がんぜん 昨夜さくや 明朝みょうちょう しん 故郷こきょう 戸外こがい きび 色合いろあ 食卓しょくたく 不孝ふこう 東京とうきょう 平常いつも 両親りょうしん なか 主人しゅじん ひま にん おと はは たい 今日きょう 寸法すんぽう からだ 精神せいしん 作物さくもつ 明日あした くさり いえ にち さき ひか はい ほう じゅん まも むすめ かれ のち した きゅう おぼ よる そと くだ あさ いし 相違そうい 目頭めがしら 白髪しらが 病気びょうき 田舎いなか 田圃たんぼ さかな 朝早あさはや むら 正月しょうがつ ある かあ 母親ははおや 毎日まいにち どく 気恥きは 決心けっしん なが うみ 海鳴うみな 父親ちちおや いぬ うし ひと あつ